山梨産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ 代表 055-220-7020

お知らせ お知らせ一覧

実施予定研修・セミナー 研修一覧

申込受付中

平成30年7月24日(火)「必見!労働安全衛生行政の最近の動向について」<衛生管理者等レベルアップ研修196>

厚生労働省、山梨労働局で取り組んでいる労働災害防止対策、最近の労働災害の発生状況、労働安全衛生行政に関する法令や取組、各種健康障害防止対策などの基本的な事項について解説します。

日時2018年07月24日(火) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年7月26日(木)「健康診断と労働者の健康管理について」

 健康診断の検査項目や検査結果についての考え方、及び、健康診断結果を基に産業医の職務上留意しておきたい点、事後措置等について説明します。

日時2018年07月26日(木) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年7月31日(火)「小規模事業場におけるメンタルヘルス担当者のための研修」~ラインケアも含めて~

 50人未満の事業場では、ストレスチェック制度の実施は努力義務となりましたが、職場におけるメンタルヘルス推進については、今後、ストレスチェック実施をすることが契機となることが予測されます。また、電話相談では、小規模ゆえに、大規模事業場とは同じように動けないとのメンタルヘルス担当者の声が聞かれます。そこで、小規模事業場ゆえの特性を確認しながら、有効なメンタルヘルスのあり方を説明していきます。

日時2018年07月31日(火) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年8月3日(金)「日常でも使える動機づけ面接法!」

 動機づけ面接は、従来の行動療法及び来談者中心療法を科学的に分析することから生まれました。喫煙、飲酒、ギャンブルなど来談者がやめたくてもなかなかやめられない問題に対して、より健康的な行動がとれるように動機付けていく面接手法です。医療・保健・産業の場での対応にご利用ください。

日時2018年08月03日(金) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年8月7日(火)「ストレスチェック制度」~実施準備から事後措置まで~

平成27年12月1日に施行された「ストレスチェック」について、改正労働安全衛生規則等を踏まえ、ストレスチェック制度の趣旨、実施方法、面接指導及び労働者の健康情報の保護等について解説します。

日時2018年08月07日(火) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年8月8日(水)「職場のメンタルヘルス相談員研修(事例検討)」<Ⅲ期シリーズ:4回>Ⅱ-1回目

職場でのメンタルヘルスの相談に携わっている方々を対象に、よりステップアップした技量の習得を目指し、事例を基に検討します。様々なケースによる「相談対応力の強化」に着目し、メンタルヘルスケア推進のための相談対応の実践力を習得していただきます。

日時2018年08月08日(水) 14時00分~16時30分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年8月21日(火)「職場のパワーハラスメント防止の取り組み」~お互いを尊重しあって、働きやすい・風通しの良い職場を作るために~

「平成28年度個別労働紛争解決制度施行状況」によれば、「いじめ・嫌がらせに関するものが依然として最も多く」と報告されています。 パワーハラスメント防止対策に取り組むことは、より働きやすい・風通しのよい職場環境を作ることにつながります。職場全体が活性化し、働く人の仕事への意欲や生産性の向上にも寄与するでしょう。 本講では、パワーハラスメント防止対策について事例も交えながらお話します。 

日時2018年08月21日(火) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年8月24日(金)「腰痛借金と腰痛対策」

腰痛は体に溜め込まれた借金であり、この借金が積み重なるとぎっくり腰やヘルニアが起きる可能性が高くなるといわれています。この負債を作る職場や日常生活での姿勢・動作を検討します。また、腰痛対策として自分でできる具体的方法について実践していただきます。

日時2018年08月24日(金) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年8月29日(水)「基礎からはじめるメンタルヘルスの進め方」

厚生労働省が策定している「第13次労働災害防止計画」には、2022年までにメンタルヘルスに取り組んでいる事業場の割合を80%以上とする目標を掲げています。それでは何から始めたらいいでしょうか?「労働者の心の保持増進のための指針」(メンタルヘルス指針)に基づき、具体的な実施内容を解説します。

日時2018年08月29日(水) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年8月31日(金)「簡易測定器の使用方法」<衛生管理者等レベルアップ研修197>

騒音計、デジタル粉じん計及び照度計等の簡易測定器の使用方法を実地方式により学びます。

日時2018年08月31日(金) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月5日(水)「睡眠と健康について」~働く人のために~

睡眠不足や睡眠の質の悪化は、生活習慣病や心の病のリスクにつながります。
また、睡眠不足等に起因する作業ミスや事故も多く発生しています。そこで、良質な睡眠を得るための生活習慣や睡眠環境について研修します。

日時2018年09月05日(水) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月6日(木)「仕事と糖尿病の治療について」

 平成28年「国民健康・栄養調査」によると、わが国における20歳以上の約5人に1人は糖尿病が疑われながら、その1/4は治療を受けていない、あるいは以前治療を受けていたが中断しているとされ、特に就労年齢層の糖尿病治療を継続するためには、患者、医療機関のみならず、就労先の糖尿病に対する理解と協力も必要となります。
一方、労働者健康安全機構における平成21年度から5年間に渡り取り組んできた「糖尿病における就労と治療の両立・職場復帰支援の研究」によると、就労と治療の両立を図る上での患者、主治医、企業の連携が不十分であることを示唆する調査結果が得られています。
ついては、糖尿病患者が復帰や働き続けることができるよう、職場等における糖尿病患者等への理解や相談支援体制の充実を図るきっかけとなるようセミナーを開催します。

日時2018年09月06日(木) 14時00分~16時00分
場所甲府市総合市民会館 大会議室

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月12日(水)「職場のメンタルヘルス相談員研修(事例検討)」<Ⅲ期シリーズ:4回>Ⅱ-2回目

職場でのメンタルヘルスの相談に携わっている方々を対象に、よりステップアップした技量の習得を目指し、事例を基に検討します。様々なケースによる「相談対応力の強化」に着目し、メンタルヘルスケア推進のための相談対応の実践力を習得していただきます。

日時2018年09月12日(水) 14時00分~16時30分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月13日(木)「職場のメンタルヘルス」~知っておきたい認知症の基礎知識~

認知症に対する理解を深めておくことは職場のメンタルヘルスにおいても重要です。本セミナーでは、認知症の症状や治療、周囲の人の心がけ等について解説します。

日時2018年09月13日(木) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月18日(火)「肥満予防の重要性」~②運動の観点から~

 食生活・運動などの生活習慣病との関連が深い生活習慣病と健康に関する科学的な根拠を示しながら、日常生活での健康の維持・増進について解説します。

※研修内容は、昨年度と同様になります。

日時2018年09月18日(火) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月21日(金)「産業カウンセリング研修(企業内担当者育成)」<Ⅱ期シリーズ:4回>Ⅱ-1回目 ~ストレスチェック制度の実施に伴い、現場で使える実践的な傾聴力を高める~

職場における人間関係構築のための傾聴について演習を通して学んでいただきます。このことは、職場のコミュニケーションを円滑にしていくためにも効果的です。

日時2018年09月21日(金) 14時00分~16時30分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月25日(火)「Life is Motion 生きることは動くこと!」~健康寿命の延伸のために動くことからはじめよう~

                <認知症>
 健康寿命を奪う3大原因は、認知症、脳血管疾患、そして運動器疾患(転倒・骨折、関節疾患等)です。これらを予防するためには、古くから指摘されているように「運動・栄養・休養」の3つが重要です。特に現在は、「運動」=「動くこと」の意味を再認識すべき時です。人間は「動物」であることを、改めて考えてみましょう。3回の研修を実施し、それぞれの疾患の重み付け(運動との関係)を少しずつ変えて行います。具体的には、1認知症、2脳血管疾患、3運動器疾患です。 
※ 9月25日「認知症」 10月15日「脳血管疾患」 12月20日「運動器疾患」

日時2018年09月25日(火) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室Ⅱ

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月26日(水)「労働安全衛生法の理解を深める」<衛生管理者等レベルアップ研修198>~法律の趣旨、体系や法律の読み方を理解する~

 労働安全衛生法は、昭和47年(1972年)に制定されて以来、46年が経ちました。その間、重大な労働災害の発生や社会情勢の変化に対応するため、数多くの法律改正が行われ、省令や告示の新設、改正は数えきれないくらい行われました。労働安全衛生法と関連の政省令、告示等はますます複雑膨大になってきています。労働安全衛生法の理解を深めていただくために、法令はどのようなプロセスを経て制定されるのかを説明した上で、労働安全衛生法の趣旨、体系、改正の歴史や法律の読み方を分かりやすく解説します。同法の第7章「健康の保持増進の措置」については、詳しく解説します。

日時2018年09月26日(水) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室

詳細・お申し込み
申込受付中

平成30年9月27日(木)「労働衛生管理の基本と災害事例について」<衛生管理者等レベルアップ研修199>

 快適職場の形成・維持向上に必要な労働衛生管理の基本について解説するとともに、改善事例、災害事例、労働安全衛生配慮義務、等を紹介します。

日時2018年09月27日(木) 14時00分~16時00分
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室

詳細・お申し込み