山梨産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ 代表 055-220-7020

令和2年8月4日(火)「パワーハラスメント対策は事業主の義務!」~セクシュアルハラスメント等の防止対策も強化~

日時2020年08月04日(火) 14時00分~16時00分
研修対象者産業医 産業看護職 衛生管理者 人事労務担当者 事業主 労働者 その他 
テーマ「パワーハラスメント対策は事業主の義務!」~セクシュアルハラスメント等の防止対策も強化~
内容

 職場におけるハラスメント対策とメンタルヘルス対策は、企業にとって重要な取組みとなっています。 現在、セクハラ(セクシュアルハラスメント)、マタハラ(マタニティーハラスメント)については「相談窓口」を設置する他に防止の措置を講ずることが事業者の義務とされていましたが、令和元年6月パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)成立に伴い、パワハラについても防止措置を講ずることが義務化となっています。(大手企業は令和2年6月から)本研修では、企業のメンタルヘルス対策の一環としてハラスメントについてどのように捉え、どのように対策や防止(予防)措置を講じ対応していけばいいかについて考えたいと思います。

講師長田 暢子「(株)グリーンハート 代表取締役」(公認心理師/産業保健相談員)
定員20名
場所山梨県医師会館 1階 多目的エリア
山梨県甲府市徳行5-13-5
単位日医認定産業医単位 生涯・専門 3単位
備考

申込受付は終了しました