山梨産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ 代表 055-220-7020

平成30年9月6日(木)「仕事と糖尿病の治療について」

日時2018年09月06日(木) 14時00分~16時00分
研修対象者産業医 産業看護職 衛生管理者 人事労務担当者 事業主 労働者 その他 
テーマ「仕事と糖尿病の治療について」
内容

 平成28年「国民健康・栄養調査」によると、わが国における20歳以上の約5人に1人は糖尿病が疑われながら、その1/4は治療を受けていない、あるいは以前治療を受けていたが中断しているとされ、特に就労年齢層の糖尿病治療を継続するためには、患者、医療機関のみならず、就労先の糖尿病に対する理解と協力も必要となります。
一方、労働者健康安全機構における平成21年度から5年間に渡り取り組んできた「糖尿病における就労と治療の両立・職場復帰支援の研究」によると、就労と治療の両立を図る上での患者、主治医、企業の連携が不十分であることを示唆する調査結果が得られています。
ついては、糖尿病患者が復帰や働き続けることができるよう、職場等における糖尿病患者等への理解や相談支援体制の充実を図るきっかけとなるようセミナーを開催します。

講師中里 稔「中里内科クリニック 院長」
定員100名
場所甲府市総合市民会館 大会議室
山梨県甲府市青沼3-5-44(TEL 055-231-1951)
単位日医認定産業医単位 生涯・専門 3単位
備考

申込受付は終了しました