山梨産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ 代表 055-220-7020

平成30年6月8日(金)「化学物質の管理とあり方について」~改正労働安全衛生法の概要及び化学物質のリスクアセスメント指針について~<衛生管理者等レベルアップ研修194>

日時2018年06月08日(金) 14時00分~16時00分
研修対象者産業医 産業看護職 衛生管理者 人事労務担当者 事業主 労働者 その他 
テーマ「化学物質の管理とあり方について」~改正労働安全衛生法の概要及び化学物質のリスクアセスメント指針について~<衛生管理者等レベルアップ研修194>
内容

 現在職場で使用される化学物質は6万種類にも及ぶと言われています。こうした中、平成28年6月から640物質の化学物質についてリスクアセスメントを行うことが改正労働安全衛生法によって義務化されました。現場ではこれまで以上に化学物質管理に注意しなければならなくなりました。コントロールバンディングなど簡単なリスクアセスメントの方法やSDS(Safety Data Sheet)を活用する方法等について解説します。

講師望月 明彦「山梨厚生病院・予防医学センター 調査役」(労働衛生コンサルタント・産業保健相談員)
定員30名
場所山梨産業保健総合支援センター 研修室
山梨県甲府市徳行5-13-5 山梨県医師会館1階
単位日医認定産業医単位 生涯・実地 3単位
備考

申込受付は終了しました