山梨産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ 代表 055-220-7020

平成30年6月6日(水)「職場・家庭における生活習慣病対策について」

日時2018年06月06日(水) 14時00分~16時00分
研修対象者産業医 産業看護職 衛生管理者 人事労務担当者 事業主 労働者 その他 
テーマ「職場・家庭における生活習慣病対策について」
内容

 生活習慣病は、今や健康長寿の最大の阻害要因であり、個々の労働者の健康と生活だけでなく、企業活動上も生産性の維持や人材確保などの点で重要な課題となっています。一方、国民医療費にも大きな影響を与えています。その多くは、不健全な生活の積み重ねによって内臓脂肪型肥満となり、これが原因となって引き起こされるものですが、個人が日常生活の中での適度な運動、バランスの取れた食生活、禁煙等を実践することによって予防することができるものです。本研修では、生活習慣病対策について解説します。

講師宮村 季浩「山梨大学医学部 教授」(労働衛生コンサルタント・産業保健相談員)
定員100名
場所山梨県立文学館 研修室
山梨県甲府市貢川1-5-35
単位日医認定産業医単位 生涯・実地 3単位
備考