山梨産業保健総合支援センターは、働く人々の健康増進を図るため、産業保健機関と連携して窓口相談、研修、関連資料・教材の情報提供などを行っています。

お問い合わせ
電話でのお問い合わせ 代表 055-220-7020

受動喫煙防止対策助成金等のご案内

受動喫煙防止対策助成金

平成26年6月25日に、改正「労働安全衛生法」が公布され、平成27年6月1日から、職場の受動喫煙防止対策(事業者・事業場の実情に応じた適切な措置)が事業者の努力義務となりました。
事業者の皆さまは、まず、事業場の現状を把握・分析し、実行が可能な対策のうち、最も効果的なものを実施するよう努めてください。
受動喫煙防止対策を行う際には、その費用の一部を支援する「受動喫煙防止対策助成金」を、ぜひ、この機会にご利用されてはいかがでしょうか!

助成対象経費 助成率 上限額
喫煙室の設置などにかかる工費、 設備費、備品費、機械装置費など 1/2 200万円

【厚生労働省ホームページ】
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049868.html

厚生労働省が実施する支援事業

厚生労働省では、職場の受動喫煙防止支援に取り組む事業者を対象に次の支援を行っています。
※平成28年度は、終了いたしました。

①受動喫煙防止対策の技術的な相談

●相談支援業務

  1. 事業場における喫煙室の設置、浮遊粉じんまたは換気量の要件への対応など技術的な内容について、専門家による電話相談を行います。(必要に応じて実地指導も実施)
  2. 受動喫煙防止対策に関する説明会を全国で実施します。
  3. 企業の研修や団体の説明会に講師を派遣し、受動喫煙防止対策について説明します。

【相談ダイヤル】 050-3537-0777
【ホームページ】 http://www.jashcon.or.jp/contents/second-hand-smoke
【事業委託先】 一般社団法人 日本労働安全衛生コンサルタント会

②喫煙室などの要件の確認や事業場の実態把握

●測定支援業務(測定機器貸出し)

  1. 職場環境の実態把握などを行う際の支援として、デジタル粉じん計、風速計、一酸化炭素計、臭気計の無料貸出しを行います。
    ・機器の往復の送料も無料になりました
    ・一酸化炭素計と臭気計は数に限りがありますので、お早めに予約してください
  2. 専門家が事業場に行って、測定方法を説明します。
  3. 企業の研修や団体の説明会で、専門家が実演を交えながら、測定方法を説明します。
    展示用の機器も無料で貸し出します。 

【受付ダイヤル】 03-3635-5111(FAX:050-3730-9375)
【ホームページ】 https://www.sibata.co.jp/news/news-29044/
【事業委託先】柴田化学株式会社